浮気調査事例

2021.05.01

歯ブラシを持っていった夫、浮気相手と会っていました

奥様とご主人は結婚して20年、お子様はご子息がお一人で現在三人で生活しています。
ある日、ご子息から奥様に相談がありました。それは、ご主人が女性とHな内容のメールのやりとりをしているという内容でした。
ご子息としては、これから受験勉強に専念したいが、父親に対しての嫌悪感が出てきたということで
黙っていることができなかったとのこと。奥様としては、まったくご主人の浮気に気づかなかったところで寝耳に水の出来事でした。

女性アイコン

依頼者

年齢
40代
性別
女性
職業
会社員
男性アイコン

対象者

年齢
40代
性別
男性
職業
会社員

婚姻年数:20年
子供:あり
(18歳男子)

お問い合わせの経緯

ご子息からの相談を機に、注意深くご主人の行動を見ていた奥様。それからしばらくして、ご主人からは「お前とはやっていく気はない、〇〇(ご子息の名前)の受験が終わったら離婚して一人で生きていく」と言われたそうです。突然のご主人の告白に、慌てて動揺してしまった奥様は、ご主人に問い詰めてみました。ですがそれ以上の言葉は何も言ってもらえませんでした。それからもご主人はこれまで通りの生活を続け、外泊や朝帰りはなく、まっすぐ帰宅する生活スタイルだったそうです。奥様としては、必ず浮気相手がいると直感で感じ、なんとしても相手の存在を知りたいという思いが強くなっていきました。

Hearing

ヒアリングによるご契約内容

依頼目的・夫の浮気を有無を確認したい
・浮気の証拠をとって相手と別れさせたい
必要証拠・特定の女性との接触があるかどうか
・もし特定の女性がいた場合、2人が特別な男女関係であるという証拠(手繋ぎ・キスなど)
・不貞行為を推測できるような、宿泊などの強力な証拠
調査期間4日間調査費用80万
調査方法移動手段を確認しながらの尾行および張り込み

女性との接触の有無及び浮気と特定できる証拠

今回のケースは、①ご主人が浮気をしているかどうかを確認したい②浮気が事実ならその証拠が欲しい③ご主人とは離婚をする気はない④ご主人から離婚を言われだしているがそれをやめさせたい この4点がご希望でした。つい最近まで、浮気を疑ったこともなくご主人とご子息とこれからもうまくやっていけると信じていた奥様。ご子息の話やご主人から言われた言葉は想像もしていなかった奥様にとって本当につらく苦しい日々の始まりでした。今回は、浮気相手の有無、そして浮気相手がいた場合はその女性とご主人の浮気の証拠を確実にとること、どこに住んでいてどんな生活をしているかを特定する調査となります。

浮気の証拠として確実な接触状況の写真とご主人と浮気相手の様子

奥様のお話から、ご主人は普段は仕事からまっすぐ自宅に帰る日々を続けており、休みの日もほとんど自宅にいるとのこと。もしあえて怪しい日をあげるとすれば、休みの日に、昼間の数時間だけ出かけることがまれにあることに気付いたそうです。ご主人は自宅を出る際、仕事の仲間と少し会ってくると言ったり、仕事場に少し立ち寄ってくるなどと言って出かけることが多かったようです。ただ、休みにまで同僚と会うのも今回の一件で不審に感じるようになってきたとのことでした。ご子息からの話とご主人からの離婚の話から、必ず浮気相手がいると確信的に考えている奥様。ご主人の休みの日に浮気相手と会っているという想定で行動調査を予定していきます。①女性はもしかしたら同僚でご主人とは仕事場で出会ったと思われる②女性はおそらく子供がいる様子③女性はバツイチの可能性が高い これらの情報により、休みの日に自宅を出るご主人を尾行し、帰宅するまでを調査するため20時間の組み立てをすることにしました。

調査対象者を尾行し行動を確認、接触する人物の確認

ご主人は、休みの日にときどき、昼間の数時間出かけることがありました。調査は、ご主人が休みの日に自宅を出るところからスタート、その後ご主人がどこに向かいどんな人物と接触をするのか、ご子息からの情報の女性と接触をするのかどうかを確認します。女性とご主人が接触した場合、二人がどこに行きどのように会っているのか、そして女性はどこでどのような生活をしている人物なのかを確認していきます。ご主人は、車を中心とした生活スタイルであり、電車などの公共交通機関はほとんど利用しないという情報があります。こうした情報から、ご主人の行動範囲などを予想し、調査状況を想定しながら調査に臨みます。

Outline

調査概要

調査前準備

ご主人が自宅を出てから数時間の空白の時間があることから、休みの日の昼間に自宅を出てから帰宅するまでを想定して実施します。ご子息が見たというメールのやりとりをしている女性がはたして浮気相手なのかどうか。もしその女性もしくは別の女性かもしれない人物と接触した場合、調査を続行し、ご主人の行動を確認していくことで調査を進めます。ご主人は、会社の同僚と会って話をしたり、勤務先に立ち寄って仕事をしてくると説明をしています。奥様としては、それが事実であってほしいという気持ちがある一方で、浮気をしているだろうと確固たる予想をしています。ご主人が車でどこに向かい、どんな人物と会ってどんな数時間を過ごしているのかを調査をして対応をしていくための準備に入ります。

調査開始

調査日Aの行動
  • 8:15~

    ご主人が自宅から出てきて車に乗り込み発進する

  • 8:50~

    ご主人の運転する車が、名古屋駅の地下駐車場に入り停車 ご主人が降りて歩き出す

  • 9:00~

    ご主人が地下街で女性と接触 二人はそのまま車に乗り込む

  • 9:40~

    ご主人の運転する車がラブホテルに入る 二人は部屋を選んで入室

  • 12:40~

    二人がラブホテルから出てきて車に乗り込む 車が発進する

  • 13:20~

    車がレストランに到着 二人が降りてきてお店に入る

  • 15:00~

    二人がレストランから出てくる 車に乗り込み発進

  • 15:25~

    名古屋駅の地下駐車場に車が入り停車 キスをし始める

  • 15:45~

    二人が車から降り地下街へ向かう ご主人と女性は別れ女性が歩き出す

  • 16:05~

    女性が雑居ビルに入り、ある居酒屋に入る

今回ご主人は、朝から同僚と少し出かけてくると前々日から奥様に伝えていました。ご主人は、朝自宅を出る際、新しい歯ブラシをこっそりかばんに忍ばせ、そのまま慌てて車に乗って出かけました。そして、ご主人の運転する車は自宅から約40分程走り続け、名古屋駅の地下駐車場に入っていきました。車から降りたご主人は、名古屋駅の地下街に入っていき、名古屋では有名な待ち合わせスポットに向かいます。そこで、スマホを見ながら立っていた女性に笑顔で声を掛けました。二人は手をつなぎながら歩きだし、地下駐車場に停めたご主人の車に乗り込みます。そして、ご主人の運転する車は名古屋駅からほど近いラブホテルの駐車場に入っていきました。駐車場に車を停めたご主人と女性は、そのままラブホテルの受付で部屋を選び、エレベーターに乗って部屋へ向かう姿を確認しました。

名古屋駅の地下街で女性と接触、その後二人はラブホテルへ

調査を開始してすぐ、ご主人が洗面所にある新しい歯ブラシを慌てて持っていくのに気付いた奥様。間違いなく同僚ではないと確信したことで、あと30分で自宅を出るだろうとの連絡がありました。ご主人は、奥様の予測通り、それから25分程経って自宅から出てきました。そして、自宅敷地にある車に乗り込み尾行を開始します。ご主人は自宅を出てから名古屋駅方面へ車を走らせていきました。そして、名古屋駅にある地下駐車場の一つに入っていきました。地下駐車場に車を停めたご主人は、車から降りて名古屋駅の地下街に繋がる階段を上がっていきます。そして、人込みの中である待ち合わせスポットに到着。そこで、スマホを見ていたある女性に声をかけました。女性は笑顔でご主人と言葉を交わし始めました。二人は手をつなぎながらご主人の車を停めてある地下駐車場に向かい、二人は車に乗り込みました。そして、ご主人の運転する車は名古屋駅から比較的近いラブホテルに入っていきました。

ラブホテルから出てきた二人は、レストランでステーキランチ

ラブホテルの駐車場に車を停めた二人は、ラブホテルの受付で滞在する部屋を選び出しました。そして、部屋が決まるとエレベーターに乗り込みそのまま二人が上階へ向かう姿を確認、そこから約2時間30分は二人が部屋を出てくる様子はありませんでした。もう少しで3時間が経とうとする時、二人が手をつなぎながらラブホテルから出てきました。二人が車に乗り込む姿を確認、車がこれからどこに向かうかを尾行します。ご主人が運転する車は、ラブホテルから名古屋駅を超え、そこから反対の方角に向かいます。そして、あるレストランに入っていきました。車から降りた二人はレストランに入り、それぞれハンバーグランチとステーキランチを頼みました。とても楽しそうに食事をしながら会話をする二人の姿、終始笑顔で過ごしているご主人と女性の姿を撮影します。

ランチの後、再び名古屋駅地下駐車場へ

食事を終えた二人は、車に乗り込み名古屋駅方面へ走り出しました。そして、朝ご主人が停めた地下駐車場に再び入っていきます。駐車位置も朝停めた場所と比較的近くで停車させ、二人は車内で会話をし始めました。そして、ご主人の手が女性の首に触れてキスをし始めました。約30秒、キスをし続けた二人はとても満足そうに笑顔で車から降りてきました。手をつなぎながら二人は地下街へ入っていく階段を上り始めます。そして、地下街に入ってすぐ、ご主人と女性は手を離し、女性はそのまま地下街の雑踏の中へと歩いていきます。ご主人が地下駐車場へ向かう姿を確認し、この時点で尾行対象者は女性に切り替えることになります。女性は地下街を歩きながら地上にあがり、ある雑居ビルに入っていきました。そして、ある飲食店に入る姿を確認しました。

結果報告

引き続き調査をしたところ、女性は居酒屋で働いている姿を確認。当初女性の自宅を判明させるまでを組み立てていましたが、女性がご主人と別れたあとに仕事に入った状況から調査は一旦打ち切ることに。今回調査したすべての調査内容、写真を報告書に載せ、奥様のご希望でご自宅近くの郵便局留めにて発送することとなりました。ご主人は、毎週の休みに出かけることはなく、相変わらずこれまでと同じ生活を続けているそうです。奥様の気持ちとしては、今ある調査報告書でご主人に離婚をとどまらせる方向にしたいと考えている様子でした。弊社からは、弁護士事務所を紹介できる旨を説明、女性に対する慰謝料請求については今後追加の調査が必要となるだろう旨を説明しご理解いただき、改めて弁護士と相談の上でご検討いただくこととなりました。

結果報告のイメージ

その後の展開/アフターサポート

浮気相手は、ご主人の勤務先の同僚でシングルマザー

報告書が発送されてしばらくしてから、浮気相手の女性がどこのだれかがわかりましたと奥様からご連絡がありました。ご主人の浮気相手である女性は、ご主人の勤務先に最近働き始めたパートの女性だそうで、前のご主人との間に一人息子がいるそうです。そして、女性はご主人と新しい生活を始めることで意欲的に離婚を勧めていたようでした。奥様は、相手女性に対し話し合いの場を設け、弁護士を通じて慰謝料請求をする方向で話が進んでいるそうです。ご主人は、今も生活スタイルは変わっておらず、奥様に対しても離婚をしてほしいとの意向である様子。ただ、今回の浮気の証拠によりご主人は有責配偶者となり、現状奥様に有利となっているというお話を伺い、調査はこれで完了となりました。

Comment

担当調査員のコメント

担当調査員

ラブホテルを出てからのランチ、車中のキスシーンを撮影

調査対象者の車が地下駐車場に停まったときに、もしかしたら徒歩による尾行になるかとも考えましたが、女性を車に乗せて発進したときにおそらく近場のラブホテルへ向かうことになるかもと想定していました。外泊がない調査対象者ということでラブホテルの滞在時間は注意しなくてはいけませんでしたが、車中でのキスシーンを撮影できたことも結果満足した調査内容となりました。ご依頼者のご希望で女性の勤務先で調査打ち切りとはなりましたが、ラブホテルとキスシーンが撮れたことはよかったです。

Contact

お問い合わせはこちら

お悩みや心に迷いがあった場合、まずはご連絡ください。私共で手助けできることがあるかもしれません。

お電話でのお問い合わせ

0120-05-8922
受付時間 9:00〜24:00 年中無休

インターネットからのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ