浮気調査事例

2020.02.19

婚活サイトで出会った婚約者には、産まれたばかりの乳児がいました

今回のケースは、ご依頼者のお姉さまが結婚を前提にお付き合いしている男性の、浮気調査を依頼されたケースです。
お姉さまは、どんどんその男性にのめりこんでいく反面、貸しているお金の額が増えてきている様子から、男性が他の女性にお金を渡しているのではないかと疑念を持ったそうです。

女性アイコン

依頼者

年齢
40代(依頼者【妹】38歳)
性別
女性
職業
会社員
男性アイコン

対象者

年齢
50代
性別
男性
職業
自営業

婚約者

お問い合わせの経緯

ご来社いただいたのは、ご依頼者とその実のお姉さまのお二人でした。「姉と共同経営で会社を経営している婚約者について相談がしたい」とのこと。お話を伺ったところ、その男性はある婚活サイトでお姉さまと意気投合されたそうです。そして、青森に住んでいたお姉さまは、元々男性が住んでいる名古屋に呼ばれて出てきたとのことでした。その男性が会社を立ち上げたいということで、お姉さまがお父様から引き継いだ会社のお金を男性に渡したのです。そして、内装業の仕事を始めたそうですが、行動すべてが怪しく、ご依頼者の家族全員は反対しているご様子。ただ、お姉さまは結婚したい気持ちが強く、他にも女性がいる様子がうかがえることから、他に相手がいないかをはっきりさせたいとの強い希望で来社されました。

Hearing

ヒアリングによるご契約内容

依頼目的 ・婚約者が浮気しているかを確認したい
・もし浮気をしていたら浮気相手と別れてもらい、自分と結婚してほしい
・その他に不審な人物との接触があるのかも確認したい
必要証拠 ・特定の女性との接触があるかどうか
・もし特定の女性がいた場合、2人が特別な男女関係であるという証拠(手繋ぎ・キスなど)
・怪しいと思われる人物との接触の有無
調査期間 8日間 調査費用 160万円
調査方法 車移動による尾行および張り込み

異性やその他不審な人物との接触の有無

今回のケースは、①ご依頼者のお姉さまの婚約者が、実際に浮気をしているのかどうか ②もし浮気をしていたら、その事実をつきつけて今後の方向性を決めたい ③お姉さまとしては、婚約者と結婚がしたい ④ご依頼者としては、できればお姉さまと婚約者を別れさせたい ⑤その他怪しいと思われる人物と婚約者との接触の有無 の5点を目的とし、ご依頼いただきました。ご依頼者とそのご家族は、当事者であるお姉さまを説得し、できれば結婚をやめさせたいというお気持ちがあります。まずは婚約者が浮気をしているのかどうか、浮気していた場合はその状況をお姉さまとご家族とで話し合いをするために、浮気の証拠が必要となります。また、その他にも特定の不審人物が浮上する可能性も視野に入れて、婚約者である男性の生活状況を把握することが必要です。

浮気の証拠としての写真と怪しい人物の情報抽出

浮気の証拠をとるために、まずは婚約者である男性が接触する女性とどういった状況で接触しているのかを尾行して確認しなくてはいけません。また、男性の生活状況もほぼ把握できていないというお話から、その他さまざまな人物と接触する可能性も踏まえて、調査の計画を立てる必要があります。①婚約者が女性と接触するとしたらどのようなタイミングなのか ②お姉さまとの共同経営の会社に出社してから昼間抜けている時間が必ずあること ③夜も定期的に外出し帰宅が遅いこと 以上の3点から、40時間以上の尾行調査が見込まれると判断します。

調査対象者を尾行し行動を確認、同時に接触する人物のチェック

婚約者の男性がお姉さまと住んでいるマンションを出て、会社として借りている中古の戸建に向かったあと、外出する際にどんな行動をするのかを確認するため尾行します。そして、接触した人物はどういう人物であるか、そのときの行動ややりとりを注意深くチェックしながら、状況判断をしていきます。移動手段はほとんど車、行動範囲はほぼ名古屋市内であるとのこと。車の移動範囲を考えながら尾行で気づかれないよう、細心の注意を払って調査を進めていきます。

Outline

調査概要

調査前準備

対象者の男性は、必ず毎日、会社が借りている中古の戸建に行くということでした。そのため、平日の昼間に調査を開始する準備を進めます。調査の開始場所は会社からと決め、時間も12:00前からとしました。ご依頼者からの情報では、毎日ほぼ決まった時間に車で出ていくということでしたので、会社から男性がどう動くのかを想定しつつ、現場の環境を確認していきます。懸念事項は、車を利用する場合、思っている以上に行動範囲が広がるということ。お姉さまは、ほぼ名古屋市内だとおっしゃっていましたが、どういった人物とどこで接触するのかはやってみないとわかりません。どんな人物が現れるのか、また車から移動手段を変えるのかわからないままの開始となります。

調査開始

調査日Aの行動
  • 10:00~

    男性が会社に出勤

  • 11:30~

    男性が会社を車で出発

  • 12:00~

    二階建アパートの駐車場に車を停車、男性がある部屋に入室

  • 12:20~

    男性が乳児を抱いた女性と部屋から出て来て車に乗る

  • 12:30~

    ドラッグストアに停車し、男性と女性が買い物をする

  • 12:50~

    ドラッグストアを車で出発

  • 13:10~

    アパートの駐車場に車が停車 男性と女性と乳児は部屋に入る

  • 16:30~

    アパートから男性が出てくる 女性が玄関で見送る

婚約者の男性が会社に着いてから約1時間半後、男性は車に乗って自宅とは違う方向へ向かっていきます。途中コンビニで飲み物や菓子パンなどを買い、その後10分程車で走ったところで、ある二階建てのコーポの駐車場に車が停まりました。そして、ある部屋に入っていきます。鍵はかかっていないようでした。しばらくして、その部屋から男性と乳児を抱いた女性が出てきました。そして、車で近くのドラッグストアに行き、買物をした二人はそのままアパートへ戻ります。夕方、男性はアパートから出てその後車で会社へ戻るまでを確認しました。

お姉さまと一緒に会社へ出社、その後車で女性と乳児の待つアパートへ

別の日の調査でも、お姉さまと婚約者である男性が二人で会社に出社したあと、男性は前回とほぼ同じ11:30頃に車に乗り込み、女性のアパートがある方向へ走っていきました。立ち寄ったコンビニも同じ。そして、購入した商品もほぼ同じです。そうして女性の待つメゾネット式のアパートに。この日は、男性がポケットから鍵を出して使用したのを確認できました。それからおおよそ30分経ったでしょうか、男性と女性はアパートから出てきて、この日は二人はアパートから10分程車で走ったところにある、パチンコ店に行ったのです。

パチンコ店で数時間滞在、その後再びアパートへ

パチンコ店内に入って二人の様子を確認します。男性と女性は当初並んで台に座っていましたが、しばらくするとそれぞれが別の台へ移動しふたたび遊戯を始めました。我々は、店内で男性と女性のそばにいることはできませんので、店を出て車が移動するのを見落とさないように駐車場の近くで張り込みをします。時々、店内に様子を確認するために入りますが、男性と女性は相変わらず遊戯をしています。そして、16:00頃、店内から二人が出てきて車に乗り込み、車は女性のアパートへ戻っていきました。

男性を見送ったあと、女性は市内の繁華街へ

アパートに戻り、この日は女性だけが車を降りました。男性の運転する車が会社の方向へ向かう様子を確認し、そこからは調査の対象を女性に切り替えます。女性は、男性の車を手を振って見送ったあと、すぐにアパートの部屋に入っていきました。それから3時間程たった19:30頃、アパートの前に一台のタクシーが停まりました。そして、数分後に女性は、先ほどの雰囲気とまったく違った服装や化粧をして玄関から出てきました。女性はそのタクシーに乗り込み、我々はそのタクシーを尾行します。タクシーは、15分程東方向に走って名古屋市内の繁華街で女性を降ろしました。そして、女性が風俗店が多く入った雑居ビルに入っていくのを確認できました。

結果報告

このケースでは、婚約者である男性がどういった状況でどんな人物と接触するのか、情報がまったくないところからの調査スタートでした。実際、お姉さまやご依頼者の想像通り、男性には特定の女性の存在があったこと。そしてその女性は乳児と暮らしていたことがわかりました。お姉さまと男性が住むマンションと会社、どちらからも車で15分以内の名古屋市内に女性の自宅があることも突き止めることができました。また、続けて調査を実施しましたところ、女性は夜から出勤し、デリバリーヘルスで働いていた事実が判明しました。これらのすべての情報を写真と文章にして報告書を完成させ、ご依頼者に至急報告書を郵送しました。後日、ご依頼者からお姉さまにはすべてを報告し、出てきた新しい事実にたいしてお姉さまはかなり動揺し落胆していたご様子とのことでした。

結果報告のイメージ

その後の展開/アフターサポート

ご依頼者と当事者であるお姉さまとご両親、全員で家族会議

調査報告書をご依頼者にお渡しした後、ご依頼者からお姉さまに今回の調査の内容を話したということは伺いましたが、その後連絡はしばらくありませんでした。そして、1ヶ月くらい経った頃、ご依頼者からあらためてご連絡がありました。あれからすぐ、青森のご両親のところに戻り、全員で家族会議をしたそうです。そして、婚約者である男性とお姉さまの入籍は延期になったとのこと。相手の女性が抱いていた乳児は男性の子供であり、その女性と男性は結婚していないこと。加えて女性はヘルスで働きながら男性に金銭を渡していたことが判明したそうです。ご家族としては、今すぐ男性と別れるように説得をしましたが、お姉さまは別れたくないとの一点張りで聞く耳を持たないとのお話でした。状況によってはすぐにでも弁護士へのご紹介ができることを説明、調査はすべて完了となりました。

Comment

担当調査員のコメント

女性のいるアパートは、対象者の自宅からとても近い場所でした

調査対象者が車で西方向に向かったとき、目的地は思ったよりも近い場所なのではと思いました。会社近くのコンビニで一人分にしては少し量の多い買い物をしたこと。そして、大通りではなく細い道を入っていく様子を見ていて、そんなに遠くは行かないだろうと直感で判断したのです。案の定、アパートは同じ区内。アパートに着いて部屋の鍵を使わず入っていく姿を確認、撮影することができました。男性が帰ったあとの女性の動きも確認し、女性の勤務先も判明できたことはとても大きかったです。ご依頼者にとって最善の情報をお渡しできる調査になったかと思います。

Contact

お問い合わせはこちら

お悩みや心に迷いがあった場合、まずはご連絡ください。私共で手助けできることがあるかもしれません。

お電話でのお問い合わせ

0120-05-8922
受付時間 9:00〜24:00 年中無休

インターネットからのお問い合わせ