浮気調査事例

2020.05.08

単身赴任中の夫、浮気相手とポケモンGO

週末になると毎週帰宅していたご主人が、3か月くらい前からほとんど帰ってこなくなったそうです。
ご主人は東京に単身赴任中で、奥様は3歳のお子様と地元の東海地区で暮らしています。ご主人が今どんな生活をしているのか。すぐにでも行って確認したいと思いながらも、なかなか行動に移せない、そうおっしゃってご相談に来られました。

女性アイコン

依頼者

年齢
30代
性別
女性
職業
専業主婦
男性アイコン

対象者

年齢
30代
性別
男性
職業
会社員

婚姻年数:4年
子供:あり
(3歳男子)

お問い合わせの経緯

ご主人とは、結婚して4年、お子様は3歳で現在ご主人は東京で単身赴任中です。ここ3か月程前から、毎週帰宅していたご主人が、一週間おき、そして今ではほとんど帰宅しなくなったそう。電話をすると、普通に電話は出るようですが、仕事が忙しいからという理由ですぐ電話を切ってしまうそうです。お子様と二人での毎日が過ぎていく中、このままご主人が帰ってこない日が続くことを想像して涙が止まらなくなったそうです。ご自身で確かめることに抵抗があるということで、ご主人の調査を依頼しようと思ったとのこと。毎日を過ごすことがとても辛く、事実を知ることが必要だと意を決して来社されました。

Hearing

ヒアリングによるご契約内容

依頼目的 単身赴任中の夫の生活を確認したい、もし浮気をしているのなら証拠をとりたい
必要証拠 ・特定の女性との接触があるかどうか
・もし特定の女性がいた場合、2人が特別な男女関係であるという証拠(手繋ぎ・キスなど)
・不貞行為を推測できるような、宿泊などの強力な証拠
調査期間 10日間 調査費用 200万
調査方法 移動手段を確認しながらの尾行および張り込み

女性との接触の有無及び浮気と特定できる証拠

今回のケースは、①ご主人がなぜ帰宅しないのかを知りたい②もし、他に女性がいるのならその事実を知りたい③浮気をしていたのなら、その浮気の証拠が欲しい④ご主人とは離婚はしたくない この4点がご依頼者の希望でした。それには、ご主人が今どんな生活をしているのかどうか、その生活の中には女性がいるのかどうかを確認する必要があります。そして、もし女性がいるのならばその証拠を捉えることが必須です。今回、浮気相手の人物の特定が必要である旨もお伝えしました。しかしながら、ご依頼者である奥様が消極的であり、女性がいるのならばその浮気の事実だけが欲しいとのことでした。女性と接触した場合のご主人との様子や宿泊をしたのならばその証拠を優先に、浮気調査を進めていきます。

浮気の証拠として確実な現場写真と宿泊の様子

ご主人は、いつもは単身赴任先のマンションにいる様子であり、週末も仕事に行っているとのこと。もし、それが事実ならば、自宅と職場の往来を確認できるはずです。今回は、ご主人の言うような生活をしているのかどうか、もし、女性との接触があった場合はその状況を不貞の事実として宿泊の有無を確認し、証拠としておさえることが大切です。そのためには、ご主人の週末の生活の様子を終日張り込み、外出したならば尾行をします。①土日、ご主人が出社するといっている時間は何時なのか②自宅から勤務先への移動手段③帰宅はいつも何時頃なのか④電話をすぐに切られるのは何時頃が多いのか 以上から、50時間の尾行調査が見込まれると判断します。

調査対象者を尾行し行動を確認、接触する人物の有無

調査開始の土曜日は、ご主人の話からは朝から勤務先へ行くとのこと。まずは、自宅を出ることを想定とし張り込みを開始します。勤務先に向かうのか、それとも自宅から出てこないのか。どういった人物と接触をするのかもわからないため、公共機関で移動するのかタクシーを利用するのかを想定しながらの調査です。そして、接触した人物がいた場合、その人物を浮気相手と判断していいのかどうかも重要なポイントです。

Outline

調査概要

調査前準備

ご主人が単身赴任先のマンションから出勤するだろうこと、また特定の女性が現れた場合どんな行動をおこすかを想定して準備します。「車の所有の有無」「通常は移動手段はほぼ公共機関なのかどうか」「外食が多いかどうか」など、ご依頼者からの情報を元にご主人の生活スタイルを確認します。そして、無駄のない調査にするため、どんな状況にも対処できるよう調査準備に入ります。

調査開始

調査日Aの行動
  • 11:00~

    ご主人が女性と一緒にマンションを出る

  • 11:55~

    立川駅の北口でポケモンGOをする

  • 12:30~

    二人がネットカフェに入る

  • 13:30~

    ネットカフェを出て、立川駅南口でポケモンGOをする

  • 14:00~

    子ども未来センターの立川まんがパークに入る

  • 16:00~

    まんがパークを出て立川駅北口でポケモンGOをする 駅へ入る

  • 17:40~

    自宅マンション最寄り駅を出て近くの公園でポケモンGOをする

  • 18:00~

    女性はマンションに入り、ご主人は自転車で出かける

奥様からの情報では、ご主人は通常は7時30分頃に自宅を出て会社に向かうとのこと。そして、電車を利用して通勤するとの話でした。そのため、調査を7時に開始、単身赴任先のマンションで張り込みをしました。結果、ご主人は、11時過ぎに女性とマンションから出てきました。その状況から、既に女性は昨晩からご主人のマンションに宿泊していたと思われました。そして、二人は公共交通機関で立川駅に向かい、ポケモンGOをしながらネットカフェやまんがパークで楽しんでいました。そして、二人はご主人のマンションに帰宅、そのまま次の日まで二人はマンションから出てきませんでした。

自宅から立川駅、そして女性とポケモンGO

ご主人は、自宅マンションから女性と出てきて、立川駅へ向かいました。二人は終始手をつなぎながら笑顔で会話をしています。この時点で、二人は少なくても数か月以上前からの付き合いであると感じました。そして、この状況は最低でも前日から女性はご主人のマンションに泊まっていることがわかりました。気付かれないように尾行を続け、二人が立川駅で降りポケモンGOをし始めた様子を確認。そのまま歩いて二人はネットカフェに入りました。そのあとすぐに出てきた二人は、立川まんがパークに入って横並びに座ったのです。

ネットカフェ、そしてまんがを読み漁る二人

黙々とまんがを読み漁り約2時間が経ちました。この間も張り込みは続きます。まんがパークを出てきた二人は、ふたたび立川駅でポケモンGO。楽しそうな様子の二人を終始撮影することに成功、ご主人はとても穏やかな様子で、女性へのボディタッチが増えていきます。その雰囲気のまま駅に入り移動を開始、二人はご主人のマンションの最寄り駅で降りました。そして、ふたたび公園でポケモンGOです。その後女性が先にマンションに入り、ご主人は自転車にのって出かけました。数分後、トイレットペーパーを片手に持ち自転車をこぎながら現れたご主人は、そのままマンションに入っていきます。そして、23時頃に部屋の灯りが消灯したのを確認、そのまま朝まで二人が出てくることはありませんでした。

再びマンションにお泊りし、浅草デート

次の朝、二人は10時頃にマンションを出てきました。ご主人は女性の腰に手をまわし、女性の右手をしっかりと握って体を密着させていました。スキンシップは比較的濃厚な様子が見てとれます。この時点で奥様のご希望を確認するため連絡をしました。奥様は、このまま調査を続けてほしいとのご要望でしたので、調査員は引き続き二人のあとを尾行します。二人は電車で浅草に行きました。そこで、お団子やメンチカツ、プリンやメロンパンなどの食べ歩きやウインドウショッピング。そのまま5~6時間のデートをして、マクドナルドに入り再びポケモンGO。電車に乗りマンション近くのお店で食器用洗剤を購入、そのままマンションに入っていく二人を確認し、調査終了です。

結果報告

撮影した写真と、調査員が見て聞いた事実のすべてを調査報告書に載せます。そして、ご依頼者である奥様に直接お渡しすることになりました。来社いただき、報告書を持って帰られる姿を見送ります。受け取られた後の心境は、まだ写真を見ていないときとは明らかに変化が生じます。奥様のお気持ちがどう変わるかも含め、気になることや不安なことがありましたらご連絡をいただけるように説明をしました。今後、浮気女性の自宅が知りたくなった場合は、追加の調査依頼が必要であることもお伝え、ご了解をいただき、終了となりました。

結果報告のイメージ

その後の展開/アフターサポート

浮気を認めたご主人、離婚は今後の話し合い

調査報告書を奥様にお渡ししてから1か月程経ったころ、奥様から博通に連絡がありました。あれから、ご主人と話し合いをし、浮気をしていたことは認めたそうです。ただ、その女性のことを聞こうとするとどこのだれかは教えてもらえなかったそうです。浮気相手への賠償請求については、相手の女性の特定ができていないため、今のところはご主人との今後をどうするかという話でした。弁護士の紹介も可能であることを説明、もしこのまま離婚という話に進めばお願いすることになるかもしれませんとのこと。そのときはまたご連絡をいただくことで了承いただき、すべて完了となりました。

Comment

担当調査員のコメント

担当調査員

ポケモンGOが大好きな調査対象者と浮気相手

調査対象者が出勤しなかった場合も考え、最寄り駅からの移動もしくはレンタカーなどの車の利用を想定し、前日から準備はしていました。そして、調査対象者が20歳代の女性とマンションから出てきたときには、間違いなく浮気相手と判断し尾行しました。結果的には、マンションでのお泊りを二回、デートが二日分撮れ、浮気の事実を押さえることができました。ご依頼者にしっかりした調査を報告でき、よかったと思っています。

Others

この事例を見た人は
こんな事例を見ています

Contact

お問い合わせはこちら

お悩みや心に迷いがあった場合、まずはご連絡ください。私共で手助けできることがあるかもしれません。

お電話でのお問い合わせ

0120-05-8922
受付時間 9:00〜24:00 年中無休

インターネットからのお問い合わせ